バストアップマッサージでは乳房をオールハンドによるオイルマッサージで刺激する事で脂肪を集め、女性ホルモンの分泌を活発にし、胸を大きくします。大きさだけを目指すのではなく、美しい形、いわゆる美乳になるよう形も整える事も同時に行います。

バストアップマッサージにおける5つのポイント
●胸の周囲のリンパ腺、リンパ節を刺激し、流れを改善し、胸に栄養を行き渡らせる。
●乳房へのハンドマッサージにより女性ホルモンの分泌を活発にする。
●乳腺を直接刺激する乳腺マッサージ によりバストを形作る乳腺を発達させる。
●大胸筋を中心として胸を支える筋肉の疲労を取り除き、バストの張りを回復させる。
●肩、肩甲骨周りをほぐす事で猫背からくる胸の収縮を防ぐ。

バストアップマッサージで最も大事なことは、バスト周りのリンパの流れを改善し、バストに栄養が充分に行き渡るようにする事です。バストは9割が脂肪細胞、あとの1割が乳腺と言われています。脂肪を増やしていくためには栄養が必要に成ります。

バスト周りのリンパの流れを改善するために鎖骨の周辺や脇の下をマッサージしておきましょう。揉むというのではなく、リンパを流している事を意識し優しい流すようなタッチで行います。マッサージの最初に、リンパ節のある鎖骨あるいは脇の下を最初に刺激しておくとリンパ節が開きリンパ液が流れやすく成ります。バストアップマッサージの最初にリンパを開いておくと、その後の施術の効果が高く成ります。

プロゲステロンやエストロゲンといわれる女性ホルモンは乳腺の発達に重要な役割を果たします。とくに男性アロマセラピストによる乳房に対するマッサージは女性ホルモンの分泌を活発にし、バストアップに大きな効果が有ります。直接、乳房をマッサージする際には、乳房のすぐ下、あばら腹の当たりからバストトップに向かって手の平全体で乳房を持ち上げるようにオイルマッサージを行います。最後にバストの下からバストトップを通り、鎖骨の方向に向かって優しく何度も撫で上げるよう、ロングストロークでバスト全体をマッサージします。

張りのある美乳を手に入れるには、体の姿勢が大事です。猫背でうつむきで歩いていては、すぐにおっぱいも垂れてきてしまいます。肩甲骨や鎖骨の周辺をしっかりケアし、先ずは筋肉を日常の緊張から解放する事が大事です。

バストアップマッサージの人気の理由は、美容整形外科の豊胸でのリスク、副作用や痛みが無く、 ふっくらとしたバストが手に入るということにあります。エステにはバストアップ、ダイエット痩身、脱毛、美容、フェイシャル、美肌など美しくなる美容の方法が様々に用意されています。バストアップ単独ではなくデコルテやダイエット、スリミングなどの他のコースとも合わせ技で体全体を美しく整える事が出来るのもエステならではと言えます。

デコルテマッサージや乳首マッサージ(バストトップマッサージ)はバストアップマッサージとセットでの施術が特に効果的です。胸、肩、デコルテ、大胸筋、鎖骨、乳首(バストトップ)といった体の部位は繋がっているので、同時にマッサージする事でよりバストアップだけでなく、より大きな相乗効果が期待出来ます。

ソフトタッチでお客様の性感帯をゆっくりと刺激してきます。 また、オイルはお肌に優しいものを使用していますので、敏感肌の方も安心してください。